徹底調査!サラリーマンが株式投資するときに注意すべきこと

徹底調査!サラリーマンが株式投資するときに注意すべきこと

徹底調査!サラリーマンが株式投資するときに注意すべきこと

 

 

・退職前に株式投資を行うメリット

 

現在、株式投資を行っているサラリーマンも増えてきています。株式投資に関心はあるけど、まだ始めていないというサラリーマンの人のなかには退職してから退職金で始めて見ようかなと思っている人もいるかもしれません。

 

もちろん、株式投資を始めるタイミングは自由なので、退職後に始めるのもいいと思いますが、退職前から始めておくと、退職後に続けて行う場合でも、株式投資に関する知識と経験を得た状態で行うことができるというメリットがあります。

 

また、退職前であれば退職金には手をつけずに行うので、退職金は確保した上で行うことになるのでそれだけリスクを軽減することになりますよね。

 

退職後に経験もないまま退職金で株式投資を始めて、仮に退職金を大きく減らしてしまったら老後の将来設計が大きく崩れてしまうことになります。

 

退職後に株式投資をと考えているのであれば、少額でもいいので退職金以外の余裕資金で早めに始めてみることをおすすめします。資金に余裕が無い場合はバーチャル投資を行なってみるのもいいと思います。

 

 

 

・投資スタイルに注意が必要

 

サラリーマンが株式投資をする場合には、投資スタイルに注意する必要があります。

 

サラリーマンの多くは、日中に取引の様子をあまり確認することができないという状態だと思います。それなのに短期売買のスタイルをとっていると、思うように取引することができなくなってしまいます。

 

よって、値動きが激しい銘柄をさけて、長期的に保有しやすい銘柄を選ぶのがおすすめです。基本的には売買高が少ないと値動きが激しくなりやすい、ということを頭にいれて銘柄を選ぶと良いでしょう。

 

時間外取引で夜間に取引をするという方法もありますが、次の日の本業に悪影響を及ぼさない範囲で行うということを考えると、やはり短期売買スタイルはサラリーマンにはむいてないといえるでしょう。

 

 

 

 

・本業に影響しない額で取引しよう

 

サラリーマンが株式投資をする場合、本業が悪影響を及ぼさないようにするというのが大前提になります。

 

そこで、あまり大きな額で取引をしないというのがコツになります。仕事中も小さな値動きが気になるほどの大きな額で取引をしていると、本業に集中することができなくなってしまいます。

 

大きな額で取引をしているとそれだけ含み益、含み損の額も大きくなります。仕事中にチラッと様子を確認して大きな含み損となってしまっていたら仕事が手につかなくなってしまったり、機嫌が悪くなって周囲にあたってしまったりしてしまうかもしれません。

 

下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

神リッチプロジェクトのどこよりも詳しいレビュー!評判・口コミ・特典