実施したい!株式投資初心者はどれくらいの資金で始めるべき?

実施したい!株式投資初心者はどれくらいの資金で始めるべき?

実施したい!株式投資初心者はどれくらいの資金で始めるべき?

 

 

・株式投資は少額からでも可能

 

株式投資初心者の多くの人が悩むのは、どれくらいの資金で始めたらいいのかということだと思います。

 

株式投資というと、高額な資金がないと始めることができないのではというイメージをもっている人もいると思いますが、株式投資は少額からでも始めることが可能です。

 

しかし、日本株は1株から購入することができないので、1株2000円のところの株を買いたいと思っても、2000円で購入することができません。日本株は100株単位で購入するのが一般的なので、株価が2000円のところであれば、最低取得金額は20万円ということになります。

 

現在大手の証券会社では、ミニ株といって通常の10分の1の最低取得金額で始めることができるサービスもあるので、資金が少ないという人や初心者なのでとりあえず安い資金で始めたいという人にはおすすめです。

 

このように数万円などの資金が少なくても始めることができますが、選択肢も限られてきますし、複数の株を購入してリスク分散することを考えると、100万円くらいの資金があると良いでしょう。

 

 

 

 

・株式投資は余裕資金で

 

株式投資は余裕資金で行うことが大切です。余裕資金というのは、仮にその資金が株式投資の損失によってゼロになったとしても、生活には支障が出ないというくらいの資金です。よって、余裕資金の額は人によって大きく異なります。

 

この資金が仮になくなってしまったら生活に困窮してしまうというくらいの額で始めてしまうと、大きなリスクを負うことになってしまうのでおすすめできません。

 

また、余裕資金であれば長期保有することが可能になるので、それだけ株価が値上がりする機会を待つことができますが、数年後にマイホームや子供の入学金などに使うというお金で株式投資を行っていると、チャンスがくる前に手放すことになってしまうこともあるでしょう。

 

 

 

 

生活に困窮するほど資金を失ってしまったら、株式投資から離脱してしまうことになりますが、余裕資金で行っている人が仮にゼロになってしまってもまた余裕資金ができたら始めればいいので、比較的早めに再チャレンジすることができます。

 

また、これがなくなってしまったら本当にヤバイという資金で株式投資を行っていると、精神的にもよくありません。初心者であれば目の前のちょっとした値動きにドキドキしてしまって、冷静な判断ができなくなってしまい、失敗してしまう可能性が高くなってしまう人も多いでしょう。

 

余裕資金であれば、精神的にもゆとりをもって株式投資にのぞむことができるので、冷静な判断をすることができます。

 

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

どこよりも詳しい!株式投資初心者のおすすめ勉強方法